XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

By Steven Bonacorsi

0/5 stars (0 votes)

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説しますMT4の時間を日本時間に変える方法を紹介

XMで提供しているMT4は、大変便利なFX取引ツールです。
ただ一つネックなことが、MT4はデフォルトの時間表示が日本時間ではないことです。
チャート分析する時もそうですが、手動でバックテストをするときなども、いちいち日本時間と照らし合わせて考えなければならなかったりするので、とても面倒ですよね。

そこで今回はMT4の時間の解説と、MT4の時間表示を日本時間に変える方法を含む、下記の内容を解説します。

XMのMT4に表示されている時間

MT4に表示されている時間は、MT4の提供元であるFX業者によって異なります。
今回はXMのMT4について解説させていただきますが、これから書く内容を踏まえていただければ、XMが提供しているMT4以外が表示している時間についても理解がしやすいと思います。

まず、XMのMT4が採用している時間は、「GMT+3」となります。
GMTとは何かという話になりますが、これはグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)の略で、イギリスを標準とした世界基準の時間のこと、と考えてください。
GMT+3ということは、XMのMT4は世界の標準時間+3時間を表示させていますよ、という意味になります。
ちなみに日本時間は、GMT+9となります。
つまり、XM提供のMT4と日本時間の差は6時間ということになります。
*サマータイム時はGMT+2となります(時差=7時間)

 

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

もし、今使用されているMT4がXM提供のものではない場合、例えばGMT+1であれば日本時間との差は8時間、GMT-3であれば日本時間との差は9時間と考えてください。

三大市場の開始時刻

三大市場の開始時刻を、日本時間と、XMのMT4の時間とを併せてご紹介させていただきます。
市場が切り替わる際は、いわゆる「ストップ狩り」といった急激な変動が起こりやすいので、FX初心者の方であれば、こういった時間帯のトレードは避ける方が安全です。
ストップ注文を出していてもすぐに狩られてしまう可能性が高く、次の市場の開始直後は方向性が読みにくく、リスクが高いトレードになってしまいます。

三大市場へ切り替わるタイミング
・東京
日本時間09:00~、MT4時間03:00(02:00)~
・欧州
日本時間17:00(16:00)~、MT4時間11:00(10:00)~
・ニューヨーク
日本時間23:00(22:00)~、MT4時間17:00(16:00)~

*()内はサマータイム時間となります
参考:FXの取引時間って?XMの取引可能時間と市場毎の値動きの特徴&サマータイム(夏時間)について画像付きで解説!

上記の時間はあくまで目安ですが、それぞれの開始時刻(市場が切り替わるタイミング)には、特に注意してトレードをしてください

サマータイムに切り替わるタイミング

サマータイムとは、日の出時刻が早まる4月~10月の間は、時計の針を1時間早く進めるという制度です。
日中の時間を有効活用するために生まれた制度で、日本ではまだ馴染みがありませんが、欧米を中心とした多くの諸外国では、サマータイムの採用が進んでいます。

私たちの日常生活で意識する必要はほとんどありませんが、FXとなると話は別です。
各市場の開始時刻やFX業者の営業時間は、サマータイムに合わせて1時間早くなります。
ですので、サマータイムの期間は是非知っておきましょう。

FX業者によってサマータイムを導入するタイミングが若干違います。
XMの場合は、3月の最終日曜日の午前1時から10月の最終日曜日午前1時までがサマータイム導入期間となります。
サマータイム時のXMの営業時間は、月曜日早朝の06:05からとなります。(冬時間は07:05)
*上記の時間はFX取引の営業時間です。取引する商品によって営業時間が異なります。

サマータイム開始前にはXMからメールが届きますので、もし忘れていても大丈夫です。

 

・実際のメール(2019年3月のもの)

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

サマータイムが始まると、XMの営業時間と市場の開場から閉場までの時刻が、冬時間と比べて1時間が早くなる、と覚えておいてください。

 

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

MT4の時間表示を日本時間にする方法

XMのMT4が表示する時間と日本時間の時差は、6時間(夏は7時間)であることは先ほど解説させていただきました。
しかし実際にチャートを見るとき、いちいち時差を計算するのは面倒くさいですよね。

ですが、MT4の設定オプションからでは、日本時間への表示に切り替えることができません。
そこで、役に立つのが「JPN_Time_SubZero」というカスタムインジケータです。
導入するためには、まずこちらから.mq4ファイルをダウンロードしてください。

画面下部にある、「ダウンロード」をクリックすることで、ダウンロードが開始されます。

 

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

このインジケータを使えば、MT4の時間を日本時間で表示してくれるので、いちいち時差を計算する手間を省くことができます!
JPN_Time_SubZeroの、ダウンロード~導入までの作業はとても簡単です。
次の解説を参考にしながら、是非導入してみてください。

JPN_Time_SubZeroを追加する方法&設定方法

まず、XMのMT4を起動させてください。
MT4を起動したら、MT4の上部にあるメニューから「ファイル」を選択して、「データフォルダを開く」をクリックしてください。
データフォルダが開いたら、「MQL4」と書かれたフォルダを開きます。

 

「ファイル」→「データフォルダ」→「MQL4」
XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

次に「MQL4」フォルダ内にある、「Indicators」を開きます。
この「Indicators」フォルダの中に、ダウンロードした「JPN_Time_SubZero .mq4」を移動してください。

 

「MQL4」→「Indicators」にJPN_Time_SubZero. mq4を移動
XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

「Indicators」フォルダ内にJPN_Time_SubZero. mq4が入ったことを確認できたら、MT4を再起動してください。
再起動したら、MT4のメニューから「挿入」を選び、「インディケータ」から「カスタム」をクリックして、一覧の中からJPN_Time_SubZeroを選択してください。

 

「挿入」→「インディケータ」→「カスタム」からJPN_Time_SubZeroをクリック
XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

次に、JPN_Time_SubZeroの設定画面が表示されますので、下記の画像を参考に設定してください。
「Time_difference」の設定ですが、夏時間の場合は「6」、冬時間の場合は「7」と設定する必要があるので注意してください。(XM提供MT4の場合)

 

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

これで設定完了です!
XMのMT4を日本時間で表示することができるようになりました。

 

XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します*グリッド線は設定により消すことができます

 

時間を意識することでワンランク上に!

トレードをするうえで、時間を意識することはとても重要です。
値動きの少ない時間帯にスキャルピングをしても利益を得ることは難しいですし、逆に値動きが激し過ぎる時間帯ではリスクもそれだけ大きくなります。
今回解説させていただいた市場が切り替わるタイミングだけでなく、指標発表の時刻を意識することも大事です。

その日の指標発表時刻を知るには、下記のサイトが便利です。
ページの下側にある「FX経済指標」から、当日の指標発表などのスケジュールを確認することができます。

 

nikkei225jp.com
XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

 

上手にトレードをするためには、売買をするポイントだけでなく、売買をするタイミングを考えることも欠かせません。
これまでトレードする時間をあまり気にしてこなかった方は、これを機会に時間を意識するようにしてみてください。

そして、相場が大きく動く時間帯を狙うトレードの場合、重要となってくるのが約定力です。
マイナーな海外FXだと、指標発表時やブレイク発生時の注文はかなり約定拒否されやすいです。
実際に私もこれまで数社の海外FX業者を使ってきましたが、値動きの激しい時間帯では、成行注文だけでなく指値注文も何回も約定拒否された経験があります。
しかし、XMはやはり約定力を一つのウリにしているだけあって、こういった約定拒否が全く起きません。
これまでのトレードで、価格が滑るということもほとんどありませんでした。
個人的には、XMが一番安心して使える海外FX業者だと思います。

 

XM Tradingに登録する
XMのMT4の時間表示を日本時間に変える方法を解説します

Copyright © 2019 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 All Rights Reserved.




Original: http://lssacademy.com/archives/1439
By: NAKA90
Posted: April 14, 2019, 2:08 am

comments powered by Disqus

Steven Bonacorsi

Steven Bonacorsi is the Founder of the Lean Six Sigma Group, President of ISLSS, and Lean Six Sigma Master Black Belt

Steven Bonacorsi, President at the International Standard for Lean Six Sigma (ISLSS)
- Master Black Belt in Lean Six Sigma Methodology.
- Expert in Kaizen event for rapid project execution.
- Certified PMP (Project Management Professional)
- Masters in Business Administration (MBA)
- Masters in Computer Information Systems (MS-CIS)
- Numerous IT certifications.
- Over 20 years of Professional Business Consulting experience at the C-Level.
Executive Master Black Belt leading $ billion business transformation projects globally in multiple Industries. I am a leader who delivers results.