XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

By Steven Bonacorsi

0/5 stars (0 votes)

XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについてXMの複数の口座の開設方法やルールを解説します

XMでは簡単に複数の口座を開設することができます。
複数の口座を開設する目的としては、違う口座タイプを試してみたい方や、手法毎に口座を分けて管理したい方、更にはゼロカットを有効活用したいという方が多いのではないでしょうか。

今回は、XMでサブ口座を作りたい方に向けて、下記の内容を解説します。

 

私はXMで大体、3~4口の口座は常に所有しています。
私が複数の口座を所有する主な目的は、ゼロカットの利用です。
ゼロカットを最大限利用するのであれば、投資資金を入れておく口座と実際のFX取引に使用する口座をわけておくとメリットが多いのです。

 

XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

複数の口座の作り方

一度、XMに本登録されている方であれば、2口目以降の口座開設は非常に簡単です。

まずは、XMの会員ページへアクセスします。
会員ページにアクセスしたら、「マイアカウントの概要」の上にある、「追加口座を開設する」をクリックしてください。

 

XMの会員ページ
XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

 

「リアル口座を開設」と表示されているページにある、各必要事項を入力・選択して、利用規約に同意後、「リアル口座開設」をクリックしてください。

 

XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

 

これで、口座開設手続きは完了です!
2口目以降の口座の開設については、本人確認書類を送信する必要がありません。
口座が有効化された状態なので、すぐに取引を開始することができます。
参考:XMの口座は3種類!口座タイプ毎の特徴&複数の口座を開設する方法を解説!

まだXMへの登録を行っていない方は、こちらの公式ページから登録してください。
XMでは、一人につき最大8口までの口座を同時に所有することが可能です。

口座の維持手数料について

XMの口座の維持手数料は基本無料です。
ただし、所有している全ての口座において、90日間取引・入金が行われなかった場合は、一ヶ月毎に$5(約500円)の維持手数料が発生します。
維持手数料は口座残高より引かれていきますが、口座残高が0となった状態で更に90日間が経過すると、口座が凍結状態となり会員ページにアクセスすることができなくなってしまいます。
それまでに獲得していたボーナスも消失するので、注意してください。

口座を放置してしまうと、XMPの獲得量と関係するロイヤリティステータスも下がってしまうので、0.01ロット(最小取引単位)でもいいので、上記のような状態になる前に定期的に取引を行いましょう。

もし、残高の無い状態で90日間経過してしまった場合は、再登録が必要な状態となります。
この場合は新規登録と同じく、始めからXMへの登録をやり直すことになります。
また、再登録では口座開設ボーナスを受け取ることはできないので注意してください。

口座が休眠する条件
入金・取引が90日間行われなかった場合、口座の維持手数料が月々$5発生!
口座が凍結する条件
口座残高が0の状態で、90日間入金・取引が行われなかった場合、XMへの再登録が必要!

複数の口座を作る3つのメリット

複数の口座を作ることによる主なメリットを3つ、それぞれ解説します。

それぞれの口座タイプのメリットを有効に使える

XMでは現在、3種類の口座を作ることができます。
マイクロ・スタンダード・ZERO口座には、それぞれメリット・デメリットが存在します。
口座の使用目的に応じて、複数の口座を切り替えて使うことで、それぞれのメリットを生かしたトレードを行うことができます。
参考:XMの口座は3種類!口座タイプ毎の特徴&複数の口座を開設する方法を解説!

トレード手法毎、EA毎に口座を分けることができる

一つの口座で、スキャルピングトレード・デイトレード・スイングトレードを行ってしまうと、ポジションの管理が複雑になってしまい、混乱することも少なくありません。
また、EAを稼働する場合も、一つの口座だけで裁量取引と自動売買行うのは、証拠金維持の点からもあまり好ましくありません。

上記のような場合、複数の口座を開設して手法毎やEA用にわけることで、快適にトレードを行うことができます。

ゼロカットを有効活用できる

XMでは口座残高を超えて、マイナス分の請求が行われることがありません。(トレードするうえで、問題となりがちな追証が発生しない)
これをゼロカット制度といいます。

このゼロカット制度は、口座毎に適用されます。
例えばAとBの2つの口座を所有している場合、Aの口座で万が一強制ロスカット(口座残高がマイナス)になった場合でも、Bの口座残高には全く影響がありません。
このゼロカットを上手く活用すると、FX取引を行ううえでリスクをより小さくすることができます。

 

XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

複数の口座を運用するうえで知っておくべき4つのルール

XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

 

まず、複数の口座を使い分けるうえで、必ず覚えておくべきルールがあります。
それは、①複数の口座を使って行う両建て行為は禁止、ということです。
両建て行為とは、例えばドル円の買い注文と同時に、同じ数量の売り注文を出す取引方法です。
このような両建て取引を行うことにより、為替レートの変動による損益を相殺することができます。
この両建て行為ですが、一つの口座内で行う分には問題は無いなのですが、複数の口座間で行ってしまうと、XMのルールに抵触してしまいます。
意図せずポジションが両建て状態になることも十分あり得るので、注意するようにしてください。

次に、②全ての口座を合わせた合計残高が200万円以上になった場合、レバレッジが200倍に制限される(1000万円以上の場合、更にレバレッジが100倍に制限される)、という点です。
レバレッジの制限の有無は、全口座残高を合わせた金額で計算される点に注意です。
もしも、ポジションを保有したままレバレッジ888倍から200倍に変更になった場合、証拠金維持率の低下に伴ってポジションが強制決済される可能性があります。

そして、③同時保有できるポジションの上限は口座を開設することで増える、というメリットもあります。
一つの口座で同時保有できるポジション量は、マイクロ口座が100ロット(10万通貨)スタンダード・ZERO口座がそれぞれ50ロット(500万通貨)です。
複数の口座を開設すれば、それに伴って同時保有できるポジション量が増えます。
例えばマイクロ口座を2口所有している場合、保有可能なポジションの上限は200ロット(20万通貨)となります。(100ロット×2口)

最後に、④同一名義の口座間の資金の移動は基本的に手数料無料、ただし口座の通貨タイプが異なる場合は手数料が発生する、という点を覚えておいてください。
例えば、JPY口座→JPY口座への資金移動は手数料無料ですが、JPY口座→USD口座といった異なる通貨タイプの口座に資金を移動する場合は、0.3%の手数料が発生します。

複数の口座に関するボーナスの扱い

XMで複数の口座を所有している場合、同一名義の口座間で資金の移動(資金振替)を手軽に行うことができます。

別の口座に資金を移動させる手順
①会員ページにアクセス
②「資金振替」をクリック
③振替先の口座と金額を指定する(現在ログインしている口座から移動させることができます)

 

例えばA口座からB口座に資金を移動させた場合、移動させた金額の割合に応じて、ボーナスも自動的にB口座に振り替えられます。

資金振替の例
口座残高\100,000のA口座から、B口座に\50,000(A口座の50%に相当)を移動させた場合
A口座のクレジットの50%が、B口座に自動的に移動する

 

資金の振替先がZERO口座やボーナスを受け取らない設定の口座である場合、本来移動するはずだった相当額のボーナスは消失することになるので、注意してください。

口座を分けてゼロカットを活用しよう!

ゼロカットをフル活用するために、実際に私がやっている資金管理方法をご紹介します。

私は取引用の口座Aと、トレード資金をプールするための口座Bといった形で使い分けています。
取引口座には、その日に応じた予算に相当する額しか入れておきません。
そして実際に取引によって利益が出た場合、利益の分だけB口座に資金を移動させます。

このような形で口座を使い分けるメリットですが、この方法であれば、例え運悪く暴落(急騰)のタイミングにあたってしまって大きな損を出したとしても、A口座がゼロカットされるだけですから全ての投資資金が危険に晒される心配がありません。
更に、「A口座の残高が0になった時点でトレード終了」というルールにすることで、資金管理もキッチリ行うこともできます。

XMであれば、1分程度で新しい口座を作ったり、資金を移動させることができたりと、非常に便利なので、資金管理に悩まれているトレーダーの方におススメです。

 

XM Tradingへの登録はこちら
XMの複数口座の作り方&ボーナスやゼロカットの扱いについて

Copyright © 2019 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 All Rights Reserved.




Original: http://lssacademy.com/archives/1465
By: NAKA90
Posted: April 14, 2019, 2:21 am

comments powered by Disqus

Steven Bonacorsi

Steven Bonacorsi is the Founder of the Lean Six Sigma Group, President of ISLSS, and Lean Six Sigma Master Black Belt

Steven Bonacorsi, President at the International Standard for Lean Six Sigma (ISLSS)
- Master Black Belt in Lean Six Sigma Methodology.
- Expert in Kaizen event for rapid project execution.
- Certified PMP (Project Management Professional)
- Masters in Business Administration (MBA)
- Masters in Computer Information Systems (MS-CIS)
- Numerous IT certifications.
- Over 20 years of Professional Business Consulting experience at the C-Level.
Executive Master Black Belt leading $ billion business transformation projects globally in multiple Industries. I am a leader who delivers results.