現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

By Steven Bonacorsi

0/5 stars (0 votes)

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

XMでFXを始めよう!

海外FX(XM Trading)が初めての方へ

海外FXってなんとなく口座登録の手続きが難しそうなイメージがありますよね?
でも、安心してください!XMなら口座開設~FXを実際にトレードするまでの流れは、とっても簡単です。
「今までは国内の証券会社を使っていたけど海外FXを使ってみたい」「FX初心者だけど最近話題のXMを使ってみたい」という方に向けて、下記の内容を解説します。

 

 

ちなみに私は、XMをメインで使っているデイトレーダーです。
国内証券会社も使っていますが、XMはレバレッジが888倍と大きいだけではなくゼロカットなど色々な強みがあるので気に入っています。
登録方法も特に国内証券会社と比べて難しいということはありません。
むしろ、簡易書留の受け取りをせずにインターネットだけで口座登録作業が完結するので、国内証券会社よりも登録が簡単だと思っています。

 

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

XMへの登録方法(IBサイトに注意)

XM Traddingの口座開設は必ず公式サイトから行いましょう。

 

XM Trading公式ホームページ
現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

公式サイトからの登録が良い理由ですが、高額キャッシュバックを宣伝するIBサイトからなどの登録すると、IBサイト側と何らかのトラブル(キャッシュバック詐欺等)があった場合、XMにサポートしてもらえません。
IBサイトによる登録のボーナスは、金額にして約\2,000程度しか変わらないので、サポートがちゃんと受けられる公式サイトで登録したほうが良いです。
XMは口座開設ボーナスだけでなく、入金ボーナスやXMPなどのボーナスも用意されているので、危険を犯してまで口座開設ボーナスを無理に多く獲得する必要はないでしょう。

 

・19/04/04時点の私の会員ページ
現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!(先週初めにボーナスと交換したのですが、いつの間にかまた獲得していました)
参考:XMの全ボーナス(口座開設・入金・XMP)の解説&ボーナスを効率的に獲得するための4つのポイント

 

それでは公式サイトからの口座の登録方法を解説します。
XM Trading公式サイトの「口座を開設する」からリアル口座を、「デモ口座開設」からデモ口座を開設することができます。
XM.comという同じ会社が提供している海外向けのXMがありますが、XM Tradingとはまた別の証券会社になりますので注意してください。

 

XMTrading公式サイト

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

・XM.com公式サイト(英語表記)

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

入力作業にかかる時間は約2分程度ですが、住所などの個人情報はローマ字で入力する必要があります。(入力ページは日本語です)
住所の英語表記はこちらのサイトを使えば簡単に変換することができます。
リンク先:JuDress 

登録作業が完了したらXMから送られてくるメールの案内に沿って、登録作業を完了させましょう。

 

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

身分証明書・住所確認書類の2点を送信し、提出書類をXMに承認された時点で本登録完了です。
口座有効化の時点で\3,000の口座開設ボーナスを獲得することができます。(初回限定)

口座タイプを選ぶ時のポイント

XMで選べる口座タイプは現在3種類あります。

①マイクロ口座
②スタンダード口座
③ZERO口座

それぞれ特徴が異なりますが、XMで初めて口座を開設される方やFX初心者の方には、マイクロ口座がおススメです。

マイクロ口座をおススメする第一の理由ですが、口座開設ボーナスを獲得するには、マイクロかスタンダードを選択する必要があります。
ZERO口座は全てのボーナス対象外の口座となっています。
そして、スタンダード口座とマイクロ口座は1ロットの取引通貨量が変わります。

 

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

そのため、FX初心者の方や少額資金でトレードしたい方にはまず、10円単位の取引も可能なマイクロ口座をおススメしています。
マイクロ口座は少額資金向けとはいえ、最大100,000通貨の取引ができるので十分なポジションを持つことができます。

また、XMは複数の口座を追加費用無しで簡単に開設できるので、後から違う口座を開設することできます。
参考:XMの口座は3種類!口座タイプ毎の特徴&複数の口座を開設する方法を解説!

特別にMT5を使いたい理由がない場合は、MT4口座を選択するのがおススメです。
理由については次の項目でご説明します。

最後に、レバレッジについてですが、888倍に設定することをおススメします。
”ハイレバレッジは危ない”という誤認が広まってしまっていますが、実際のところ、レバレッジが高いということは、少額資金でトレードができる=証拠金が少なくて済むというメリットがあるということなのです。
レバレッジが888倍ならXMの最低入金額の\500からでも、十分な取引を行うことができるようになるので、レバレッジの設定は888倍を推奨します。

 

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

取引ツールをダウンロードしよう

XMでFX取引をするには、取引ツールをインストールしましょう。
Web Traderという、インストール不要のブラウザ上で起動することができる取引ツールも用意されていますが、動作速度や機能性の点でMeta Traderに大きく劣っているのでメイン使いにはおススメできません。
快適にトレードを行うためにも、まずはMT4(MT5)を導入しておきましょう。
参考:Web Traderって何?XMのWeb Trader(MT4)の使い方とメリットを解説します

取引ツールはこちら(XM公式ページ)からダウンロードすることができます。
ダウンロードするバージョンは、使っているOSと口座タイプによって変わるので、よく確認したうえでダウンロードしてください。

取引ツールをダウンロードしたら口座にログインして、以下のURLを参考にしながら初期設定を行いましょう。
参考:XM版MT4の取り扱い説明書~基本的な使い方を徹底解説~

MT4がおススメの理由

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

MT4とMT5に大きな違いはありませんが、基本的にはMT4の使用をおススメします。
私はMT4とMT5の両方をパソコンとスマホにインストールしていますが、基本的にはMT4を使っています。

MT4のほうが使い慣れているというのもありますが、稼働できるEAや追加できるインジケーターは、MT4のほうが種類は多いというのが主な理由です。
また、MT5用マイクロ口座の最小取引ロット数は0.1ロットとなるので、細かいロット調整がしたいのであればMT4のほうが向いているともいえます。

ただし使用感としては、MT5のほうがやはり新しいので、それに伴って動作速度も速くて快適です。
操作方法は同じなので、マイクロ口座はMT4、スタンダード口座はMT5、という形にしてもいいかもしれませんね。
参考:Meta Traderとは?人気のFX取引ツールの解説とMT4とMT5を徹底比較☆

スマホ版アプリをインストールしよう

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

パソコン版Meta Trader(MT)をインストールしたら、同時にスマホ版アプリもインストールしておきましょう。
最近XMが提供を始めた、XMのスマホアプリもありますが、まずはMeta Traderのアプリをダウンロードしましょう。
XM公式サイトからもダウンロードできます。
(公式トップ→プラットフォーム→スマートフォン/タブレットからダウンロード)

 

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

パソコン版とスマホ版のMTは連動させることができるので、通知機能を上手く活用すれば、レート通知や注文約定通知をスマホで受け取ることができるので非常に便利です。

私もチャートの分析はパソコンで、チャートの監視はスマホで、という形で使い分けています。
この方法なら日中家事をしたり、お風呂に入ったりというような場面でも、取引チャンスが訪れるのをゆっくり監視することができます。
通知機能も使っているので、パソコン版MT4でアラートの設定だけして後は放置、狙ったポイントまでチャートがくるまでの間全くチャートを見ないという日もよくあります。

スマホ版MTの導入も簡単なので、下記URLを参考にしながら、是非インストールしてみてください。
参考:【簡単】iPhoneで使えるXMのFXアプリを徹底解説!

まずは少額資金でFXを始める

色々なトレード方法があるとは思いますが、XMに慣れるまではまず、少額資金でトレードをしてXMやMTの使い方に慣れましょう。
証券会社や取引ツールが変わると、慣れないうちはロットを間違えて多く注文してしまうなど、思わぬ失敗が起こります。
特に1ロットの取引量は証券会社によって違うので、今までと同じロット数でトレードしていたつもりでも、損益結果が大きく変わる場合もあります。

XMの約定力は抜群なので、約定スピードなどに問題はないとは思いますが、XMを含む海外FXのスプレッドは若干広いので注意してください。
特に、国内証券会社からXMに初めて移行した場合は、国内FXの感覚でトレードするとスプレッドでやられることもあるので要注意です。
まずはデモ口座か、もしくはリアル口座を少額資金で取引してみてから、本取引するほうが良いでしょう。

 

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

XMに向いているトレード戦略

どのトレード方法が一番XMに向いているとは一概に言えませんが、個人的には20pips以上を狙うようなデイトレードを、初心者の方にはおススメします。
現在、FXトレーダーの間ではスキャルピングが主流のようですが、海外FXで3pips~5pipsとった数pipsのスキャルピングをやると、必ずネックとなってくるのがスプレッド差です。
実際にやってみるとわかりますが、よほど上手にやらないと利益は小さいのに損するときは大きく損する、という状況に苦戦を強いられると思います。

XMのZERO口座であればスプレッド差の問題は解決されますが、一回のトレード毎に手数料が発生するので、やはり数pipsのトレードは厳しいのが現状です。
まずは、数十pipsを一回のトレードで取れるような取引方法を目指しましょう。

実際に私の場合は、一日に数回大きく取るようなデイ~スイングトレードをXMでは採用しています。
やはりXMでスキャルピングをすると、トレード回数が増えるごとにどうしてもスプレッド差が重くのしかかってくるので、基本的にスキャルピングはしないようにしています。

私がXMでFXをやる理由

現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

 

私がXMメインでFX取引をやっている理由は、レバレッジが888倍という点がやはり大きいです。
レバレッジが高ければお小遣い程度の少額資金でもトレードが始められるので、兼業トレーダーの方にもピッタリですね。

そしてXMは約定力があるので、指値・逆指値注文を安心して出せるという点も気に入っています。
価格が滑るということもないんで、為替が大きく動いているときに成行注文で取引しても全然平気です。
あとはゼロカットがあることによって、国内証券会社よりも安心して取引が行えるということも心理的に嬉しいです。

数多くある海外FXの中でXMを選んでいる理由は、会社の規模がとても大きいことと、会社情報がちゃんと公表されていて透明性を確保できているからです。
資本金が大きいほど、出金申請にも確実に対応できるということに繋がりますから、やはりその点でXMはかなり安心ができるFX業者だと思います。

 

XM Trading
現役トレーダーがFXのやり方とXMの特徴を解説!

Copyright © 2019 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 All Rights Reserved.




Original: http://lssacademy.com/archives/1357
By: NAKA90
Posted: April 4, 2019, 9:56 am

comments powered by Disqus

Steven Bonacorsi

Steven Bonacorsi is the Founder of the Lean Six Sigma Group, President of ISLSS, and Lean Six Sigma Master Black Belt

Steven Bonacorsi, President at the International Standard for Lean Six Sigma (ISLSS)
- Master Black Belt in Lean Six Sigma Methodology.
- Expert in Kaizen event for rapid project execution.
- Certified PMP (Project Management Professional)
- Masters in Business Administration (MBA)
- Masters in Computer Information Systems (MS-CIS)
- Numerous IT certifications.
- Over 20 years of Professional Business Consulting experience at the C-Level.
Executive Master Black Belt leading $ billion business transformation projects globally in multiple Industries. I am a leader who delivers results.