XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!

  • Blogs
  • Steven Bonacorsi
  • XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!

XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!

By Steven Bonacorsi

0/5 stars (0 votes)

XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!ハイレバレッジでも安心!レバレッジ888倍を使った上手なトレードを徹底解説!

国内でのFX取引はレバレッジが最大25倍に制限されていることはご存知かと思います。
レバレッジが低いほど投資資金が必要になるため、十分な証拠金が用意出来ずFXを始められなかったり、これからという局面で証拠金維持率を保つことができずに強制ロスカットされてしまったりと、レバレッジが低いことによって悔しい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

海外FX業者なら数百倍というハイレバレッジで取引が可能です。
今回ご紹介するXMでは業界トップクラスのレバレッジ888での取引が可能です。

一般的には「ハイレバレッジは危険!」というイメージがありますが、これは全くの誤解です。
今回は投資初心者の方に向けて、ハイレバレッジトレードについて解説します。

XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!

ハイレバレッジは危険?

ハイレバレッジ=危険と誤解されているのは、レバレッジをかけると小さなお金で大きな金額を動かすことができることが一つの理由です。
レバレッジが大きいほど、大きな金額を取引することが可能です。
例えば国内FXではおよそ4万円程度あれば100万円単位の通貨を売買することができます。
一方、海外FX(XM)では同じ4万円で約3,500万円分の通貨を売買することができる計算です。*
この部分だけに注目すると、ハイレバレッジは確かに危険なように思えますね。

しかし、これは証拠金ギリギリまでロット(取引単位)をあげて売買した場合の話です。
投資の世界ではこのようなトレードをフルレバトレード(フルレバレッジ取引)と呼んだりします。
取引するロットの大きさは自分で調節することができるので、レバレッジが効くからといってこのような大きな金額での取引を必ず行う必要はないのです。
投資初心者の方が誤解されているのは主にこの部分ではないかと思います。

ハイレバレッジの本当の価値は、大きな取引ができることではなく証拠金が少なくても十分な取引ができるという点にあります。
安全な取引をするために必要なことはレバレッジを制限することではなく、取引するロットを上手にコントロールすることが重要です。
レバレッジとロットの関係はこちらの記事でもわかりやすく解説しています。
→XMならレバレッジが1倍から888倍まで選べる!XMのレバレッジの計算方法と変更方法を解説!

*XMのレバレッジ888倍の場合

XMはハイレバレッジを提供できる理由

XMはドイツ、スペイン、ハンガリー、イタリア、フランス、フィンランド、ポーランド、オランダ、スウェーデンという世界各国で金融ライセンスを取得していますが、日本国内ではライセンスを取得していません。
これにより「海外FXは日本の金融ライセンスを取得できていないから危険!」という話がありますが、そんなことは決してありません。
XMを始めとする海外FXは、日本国内の金融庁が提供している金融ライセンスをあえて取得していません。
日本の金融ライセンスを取得するためにはレバレッジを25倍に制限しなければなりません。
しかしレバレッジの制限が投資家にとって不利益をもたらすのは海外にとっては常識であり、また、レバレッジを制限してまで日本の金融ライセンスを取るメリットはないのです。
つまりXMが888倍というハイレバレッジを提供できているのも、日本の金融ライセンスをあえて取得していないからということになります。

888倍の強制ロスカット水準

XMで888倍のハイレバレッジでトレードした場合の強制ロスカット水準を解説します。

マイクロ口座の強制ロスカット水準

まずマイクロ口座の場合、1ロット=1000通貨となります。
2019/02/27時点のドル/円(110円台)を取引するために必要な証拠金は、1ロット辺り約125円となります。

XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!
XMの強制ロスカット水準は20%を下回った場合となりますので、約25円が強制ロスカット水準となります!

XMと国内FX業者比較

・XMのマイクロ口座の強制ロスカット水準
1000通貨でドル/円110円を買った場合の強制ロスカット水準は約25円!(証拠金の20%)
・一般的な日本のFX業者の強制ロスカット水準
1000通貨でドル/円110円を買った場合の強制ロスカット水準は約4500円!(証拠金の100%)

スタンダード口座の強制ロスカット水準

XMのスタンダード口座の場合、1ロット=10万通貨となります。
2019/02/27時点のドル/円(110円台)を取引するために必要な証拠金は、1ロット辺り約12500円となります。

XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!
この場合のXMの強制ロスカット水準は約2500円となります。

XMと国内FX業者比較

・XMのスタンダード口座の強制ロスカット水準
1万通貨でドル/円110円を買った場合の強制ロスカット水準は約2500円!(証拠金の20%)
・一般的な日本のFX業者の強制ロスカット水準
1万通貨でドル/円110円を買った場合の強制ロスカット水準は約443,000 円!(証拠金の100%)

XMのほうが国内FX業者より強制ロスカットされにくい!

同じロット数で取引した場合、国内FX業者のほうがXMと比べるとかなりの証拠金を用意する必要があることがおわかり頂けたかと思います。
また、XMの強制ロスカット水準は20%以下ですが、国内FX業者の強制ロスカット水準は一般的に50%~100%以下が基準となっています。

・海外FXと国内FXの強制ロスカット水準比較

国内FX業者

強制ロスカット水準
楽天証券 50%以下で全ポジションを強制決済
GMOクリック証券 50%以下で全ポジションを強制決済
外為どっとコム 100%以下で全ポジションを強制決済

海外FX業者

強制ロスカット水準
XM 20%以下で全ポジションを強制決済
AXIORY 20%以下で全ポジションを強制決済
LandFX 30%以下で全ポジションを強制決済

そのため、XMでFX取引を行った方が少額資金で売買ができるうえに、結果的に強制ロスカットもされにくいということになります。
これが888倍というハイレバレッジの大きなメリットとなります。

レバレッジ888倍を使った上手なトレードの例

XMが国内FX業者と比べると強制ロスカットされにくいことをお伝えしました。
だからといって888倍のレバレッジを使って現在の投資資金でトレードできる限界ギリギリのロット数で取引してしまうとすぐに強制ロスカットされてしまいます。
強制ロスカットの可能性を抑えつつ取引を続けていくためには、運用資金に対する適切なリスク許容量を知る必要があります。
リスクを計算したうえで取引ロット数を上手に調節することができるようになれば、ハイレバレッジのメリットを最大限生かすことができるようになるでしょう。
XMは少額資金でも運用できるロット数の幅が広いので、投資初心者の方に向いている業者といえます。

ハイレバレッジでも安全に取引するためのリスク管理方法

大きな損失を出して強制ロスカットされるような事態を避けるためには、一回のトレードに対するリスク(損失額)を限定させる必要があります。
リスクの限定がちゃんとできていれば、投資資金が100万円でも1万円でも有利不利といったことはありません。
リスク管理は金額の大小ではなく、投資資金に対する割合で決められるからです。

プロのリスク管理方法

プロの投資家が一回のトレードに対して許容する損失額は、投資資金の1%~5%程度です。
これを具体的な金額に当てはめてみると以下のようになります。

・投資資金100万円の場合
100万円×1%=1万円
一回のトレードに対する許容損失額は1万円~5万円!
・投資資金1万円の場合
1万円×1%=100円
一回のトレードに対する許容損失額は100円~500円!

このように資金に対して許容できる損失額を決めておくことで、投資資金量に関係なくリスクを出来る限り抑えたうえでリターンを得ていくことが可能となります。
本来であれば投資資金1万円程度では、金額が小さすぎるためにこのようなリスク管理がされた取引を行うことはできません。
しかしハイレバレッジで取引ができるXMなら少額資金でもプロと同じようにトレードをすることができるのです。

具体的なトレードの例

FXは他の投資銘柄と比べると値動きが大きいので短期取引に向いている銘柄といえます。
先ほどの項目でご紹介した資金ルールを使えば、取引がうまくいかなかった(思惑と逆方向にレートが進んだ)場合も損失を最小限に抑えることができます。
例えば-10pips~-20pipsで損切りを入れるトレーダーの場合の適正ロットは以下のような形になります。

・投資資金10万円の場合
10万円×1%=1000円
許容リスク1000円(1%)~5000円(5%)

<10pipsで損切する場合の適正ロット>
10pips=1000円~5000円
→適正ロットは10~50ロット!
<20pipsで損切する場合の適正ロット>
20pips=1000円~5000円
→適正ロットは5ロット~25ロット!

*XMのマイクロ口座の場合

ロット数をあげればあげるほどリターンは大きくなりますが、その分リスクも大きくなってしまうので、投資初心者の方はまずは低ロットで取引することをおススメします。

XMには追証がない

XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!
XMでハイレバレッジをかけても安心できる理由が、マイナス残高のリセット(ゼロカット)にあります。
国内FXであればマイナス残高に対して支払い義務が発生することがありますが、XMでは口座に入金した金額を超過した損失額に対して請求が行われることがありません。
なので、ハイレバレッジ取引で失敗してしまって口座残高が0になったとしても借金を負う心配がないのでかなり安心できる業者といえます。
少額資金から始めたい投資初心者の方にかなりおススメの業者です。
今なら口座を開設するだけで\3000のボーナス*1が発生しますので、この機会に是非XMを使ってみましょう。

口座開設はこちらから(日本語対応)
XMでレバレッジ888倍FXトレード!強制ロスカットされない為の資金管理方法を解説!

*1 ボーナスのみの出金はできません

Copyright © 2019 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 All Rights Reserved.




Original: http://lssacademy.com/archives/943
By: NAKA90
Posted: March 6, 2019, 12:24 am

comments powered by Disqus

Steven Bonacorsi

Steven Bonacorsi is the Founder of the Lean Six Sigma Group, President of ISLSS, and Lean Six Sigma Master Black Belt

Steven Bonacorsi, President at the International Standard for Lean Six Sigma (ISLSS)
- Master Black Belt in Lean Six Sigma Methodology.
- Expert in Kaizen event for rapid project execution.
- Certified PMP (Project Management Professional)
- Masters in Business Administration (MBA)
- Masters in Computer Information Systems (MS-CIS)
- Numerous IT certifications.
- Over 20 years of Professional Business Consulting experience at the C-Level.
Executive Master Black Belt leading $ billion business transformation projects globally in multiple Industries. I am a leader who delivers results.