XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

  • Blogs
  • Steven Bonacorsi
  • XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

By Steven Bonacorsi

0/5 stars (0 votes)

XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!XMで使える優良EAを選ぶためのおススメ方法を解説!

前回、こちらの記事でEAの設定方法を詳しく解説致しました。
⇒自動売買で初心者向け簡単投資!XM版MT4でEAを稼働して自動的にトレードする方法を解説!

今回はMT4で稼働させるためのEAの購入を現在検討中で、「たくさんあり過ぎてどれを選べばいいかわからない・・・」といったEA探しに悩まれている方に向けた内容の記事となっております。
EAといってもリスク重視利率重視であったり、はたまた高い勝率を重視するEAであったりとその内容は多岐にわたっております。
そこで今回は極力投資に関する知識のない方でもEAを選ぶ上でどのポイントを見れば良いのかをわかりやすく解説したいと思います。
只今EAの導入の検討中の方やこれまでEAに興味がなかった方も是非参考までにご覧ください。

XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

EAとは

EAとはエキスパートアドバイザ(Expert Advisor)の略で、これは優位性のあるトレード手法などがプログラミングされた自動売買プログラムのことです。
EAを利用することによって投資の知識がない方でもFXや株価指数、CFD商品などを自動的にトレードすることが可能になります。
初期費用としてEAの購入費やパソコン稼働時の電気代などが必要ではありますが、海外FXのXMであればVPS(EAを稼働させるためのサーバー)使用料も無料*1であり、XMへの登録費用や入金手数料*2、またFXの取引ツール(プラットフォーム)といった費用も全て無料で利用することができます。

*1 無料でVPSを利用するためには一定の条件があります。詳しくはこちらをご参照ください。
*2 口座の未取引期間、入金方法によっては手数料が発生する場合があります。

XMでEAを使う時のルール

業者によっては人間にはとても真似できないような速度で取引を行うスキャルピング型のEAを禁止していることもあります。
XMはその点に関してEAの規制が緩く、基本的には市販されているほぼ全てのEAを使うことができます。
次の項目で解説しますが、EAを選ぶ際に見るべきポイントに注目して自分にあったEAを探してみてください。

しかしそんなXMでも以下のようなEAを使うことはできないので注意してください。

XMで禁止されているEA
・人工知能(AI)を搭載した裁量判断型のEA
・アービトラージ(裁定取引)型のEA

投資初心者の方にとっては難しい話になるかもしれませんが、EAは基本的に相場の動きに対してロジカルに判断して売買を行います。
例えばですが、「3時間価格が下落を続けたら買い、その後2時間経ったら決済」というような相場のアルゴリズムに沿った論理的判断がプログラミングされています。
一方でAIによって裁量判断するタイプのEAは、人間と同じように思考し学習します。
「前日は下降気味で今日は買いが弱い、もう少し価格が下がって反応が悪かったら売りで取引しよう」というようなA=Bではない判断をするEAです。
XMではこのようなEAの使用は現在のところ禁止されています。

次にアービトラージ型のEAですが、これはFX業者間の買いと売りの提示価格の差を狙った取引をするEAです。
例えばA社がドル円を100.50で売っている一方でB社は100.00で売っているとします。
この場合B社でドル円を買った方がお得ですよね、これを即座に判断して取引をするのがアービトラージ型のEAだと考えてください。
通常このような他業者間のレート差はほんの数秒以内に埋まりますが、EAならその数秒でレート差を計算して利益が出るように取引を行うことができるのです。
しかしこのようなシステムの欠陥を利用した悪質な取引行為は基本的に禁止の対象です。
違反すれば罰則が下されることもありますので、このようなEAも見つけても購入しないようにしましょう。

EAを選ぶうえでのおススメポイント

インターネット上では数えきれないほどのEAが販売されているので、投資やEA初心者の方はどれを選んだらいいかわからないと思います。
「勝率と販売価格が高いほうが凄そうだから、どっちも一番高いやつにしよう」と一概に決めつけてしまうのは危険です。
EAに関しては高いものが良いとは全く限りません、

なので、EAを初めて購入する際には販売価格の前にこれから紹介するポイントに注目してみましょう。

XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

EAのバックテスト(過去検証)は行われているか?

プログラミングされたロジカルの有効性を検証するためには、過去の相場の動きを使ってするバックテストが必要不可欠です。
基本的にはどのEAもバックテストはしていると思いますが、気を付けたいのがテスト期間です。

・テスト期間が1年未満のもの
・テストされた銘柄(ドル円のみなど)が少ないもの
・現在の稼働データが公表されていないもの

このようなEAが搭載したロジカルの有効性はあまり信用できません。
バックテストの期間が3年以上でなるべく幅広い通貨でテストされているもののうち、できれば現在も稼働テストされているものを選びましょう。
そもそもバックテストがされていないものや、テスト期間が公表されているものは選ばないように気を付けましょう。

上級者向けの選び方

公表されているテスト期間を実際にチャートで確認してみましょう。
価格が一方向に動き続けている相場期間(トレンド期間)を選ぶと、良いテスト結果が出やすいので注意です。
テスト期間をチャートで確認して、その期間はどのような相場環境だったのかを調べてみましょう。

EAは損失決済(ロスカット)有のタイプか、無しのタイプか?

含み損を抱えたままにするタイプのEAと、ある程度の含み損に達したら損失を確定(決済)するEAがあります。
前者のタイプは毎日利益しか発生しません、後者は日によって一日の損益が変わりマイナスで終了する場合もあります。

例えばドル円に関して言えば、長期間円高の状態が続いたり、その逆で円安が続くことがあったりと日々価格が変動していることはニュースや新聞などで知られていることだと思います。
しかし永遠に円高が発生することはなく、同時に円安が続くこともありません。
ドル高からドル安に切り替わることを「トレンド転換」と言いますが、このような転換を判断できないタイプのEAではドル高が一転しドルの価値が下がり続けているのにも関わらず、投資資金が0になるまでドルを買い続けてしまいます。
一方で損失を確定させるEAがこのようなケースに直面すると、わずかな損失を確定させて撤退するため資金を必要以上に危険に晒すことがなくなります。
ですので、どちらのタイプがおススメかといえばロスカット有のタイプとなります。

上級者向けの選び方

リスクリワードレシオ(RRR)をチェックしてみましょう。
利益額と損失額が同程度のものは勝率が50%以上なければ安定性にかけます。
一方で利益1に対して損失10、一取引の利益1000円に対して一取引の損失10000円であれば勝率が90%以上のものでも破産する確率が高まります。
一取引の損失額に対して利益の割合が大きいものを選択しましょう。

EAの利率はどうか?

EAの広告にはよく「月利〇〇%を実現!」といった宣伝文句が使われています。
このような利率を知ることで、10万円をそのEAで運用すると月に何%の利益が出るのかがわかります。
例えば月利10%でしたら月10万円の運用で月1万円の利益が出るということです。
単純計算で1年に12万円の利益、利益分も追加で運用して複利式にするとそれ以上の利益になる計算です。
月利20%だと上記の2倍以上の利益ということですね。
しかし利率が高ければ高いほど当然損失リスクも高まります。
利率が高いものはそれだけハイロットで取引しているということなので相場が急激に変動した場合、ハイロットの状態では含み損に耐えきられずそのまま強制ロスカットされるケースがよく見られます。

また月利は何を根拠にしている算出されたものなのか要確認です。

・バックテストの結果、最も良かった月の成績
・テスト期間トータルで獲得した利益を平均で割った成績

など、月利の出し方はこれ以外にもたくさんあるので単純に月利といってもそれだけで判断してはいけません。

この月利からEAの性能をチェックする方法は投資初心者の方には難しいので、EAによるトレード履歴が公開されていればそちらのデータをひとまずはチェックしてみましょう。
その際、EAが取引しているロット数を確認して実際に自己の投資資金で運用した場合、資産の推移がどうなるかということを計算してみましょう。

上級者向けの選び方

月利だけではなく最大ドローダウンを考慮しましょう。
例えば100万円を月利20%で運用して、月20万円の利益が出るEAがあったとします。
しかし100万円が90万円に減ってから120万円になったEAと、100万円が60万円まで減ってから120万円になったEAでは結果は同じでも潜在的なリスクが全く違います。
前者は最大損失-10万円の最大利益+20万円ですが、後者は最大損失-40万円の最大利益+20万円です。
後者のEAは最終的に破産する確率が非常に高いので、極力避けるように注意しましょう。

XMならEAを安全に使える

「EAで自動売買してもホントに大丈夫かな?寝ている間に価格が暴落して借金背負ったりしたらどうしよう・・・」と、心配される方も中にはいらっしゃるかと思います。
結論から言えばその可能性は残念ながら0ではありません・・・。
しかしXMに関しては少なくとも口座に入金した金額を超えて追証(借金)を負うこと可能性はないので安心してください。
その理由は国内FX業者が採用していないXMのゼロカット制度と注文方式との違いによります!

詳しくはこちらの記事で国内FX業者とXMの安全性の違いを解説しています。
⇒国内FX業者は危険!?XMの必要証拠金の計算方法と追証を防ぐゼロカットシステムを徹底解説!

現在EAでの自動売買投資をご検討中の方は、是非この機会にVPSを含めて低コストでEAが稼働できる大手海外FXをご利用ください。

XMでEAを稼働しよう!VPS無料提供*
XMでEAはどれを選ぶべき?優良EAを見抜くおススメの方法を初心者~上級者に向けて徹底解説!

*VPSの無料利用には条件があります。条件に達してない場合は月額$28の利用料が発生します。

Copyright © 2019 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 All Rights Reserved.




Original: http://lssacademy.com/archives/863
By: NAKA90
Posted: February 23, 2019, 12:40 am

comments powered by Disqus

Steven Bonacorsi

Steven Bonacorsi is the Founder of the Lean Six Sigma Group, President of ISLSS, and Lean Six Sigma Master Black Belt

Steven Bonacorsi, President at the International Standard for Lean Six Sigma (ISLSS)
- Master Black Belt in Lean Six Sigma Methodology.
- Expert in Kaizen event for rapid project execution.
- Certified PMP (Project Management Professional)
- Masters in Business Administration (MBA)
- Masters in Computer Information Systems (MS-CIS)
- Numerous IT certifications.
- Over 20 years of Professional Business Consulting experience at the C-Level.
Executive Master Black Belt leading $ billion business transformation projects globally in multiple Industries. I am a leader who delivers results.