海外FXふぁんくらぶは危険業者?お得に契約するためにIBは必要?

  • Blogs
  • Steven Bonacorsi
  • 海外FXふぁんくらぶは危険業者?お得に契約するためにIBは必要?

海外FXふぁんくらぶは危険業者?お得に契約するためにIBは必要?

By Steven Bonacorsi

0/5 stars (0 votes)

海外FXふぁんくらぶは危険業者?お得に契約するためにIBは必要?http://lssacademy.com/wp-content/uploads/2019/02/32bbf31d869c3650603141c60ccf6d14_s-300x225.jpg 300w" sizes="(max-width: 640px) 100vw, 640px">

大抵のものは小売店で買います。

野菜を買うなら八百屋やスーパーマーケット、洋服を買うなら洋服屋さんやデパートに行きます。

しかし、安く買おうと思うなら、生産者から直接買う方が良いですよね。

野菜をスーパーマーケットで買うよりも、農家に直接行って買うする方が、安い価格で購入できます。

中間業者を利用することにもメリットはある?

お得さを追求するなら、小売店などの中間業者を通さずに生産者から直接購入する方が良いです。

しかし、価格はお得になったとしても、利便性が劣ってしまいます。

例えばミカンを直接農家に買いに行くならば、箱単位やキロ単位で購入しなくてはならないですし、遠いミカン畑まで出かけなくてはなりません

一方、生産者と消費者をつなぐ小売店を利用するならどうでしょうか。

欲しいものを欲しい数量だけ、しかも近場で手に入れられるのです。

中間業者を通すことで、価格的には損をしてしまうというデメリットはあるものの、好きな分量だけ手軽に購入できるというメリットは得られるのです。

中間業者を通すことでお得になることもある

ほとんどの場面では、中間業者を通さない方がお得に購入したり契約したりできます。しかし、世の中には「中間業者を通すことで一般ユーザーがお得に契約できる」ということもあります

例えば、光コラボレーション業者との契約です。

インターネット回線が家庭にも普及して、老舗業者であるNTTのフレッツ光の契約数は頭打ち状態になりました。

そこで、NTTはフレッツ光回線を他の業者に貸し出すことで利益を得ようと考えました。そのように始まったのが、NTTから借り受けたフレッツ光回線と自社やその他の業者のプロバイダとセットにして一般ユーザーに提供する「光コラボレーション業者」です。

しかし、世帯数には限りがありますので、光コラボレーション事業もすぐに頭打ち状態になりました。

次に生まれたのが「光コラボレーション業者を紹介する中間業者」です。

中間業者は、NTTが顧客数拡大のために光コラボレーション業者に支払う費用の一部を光コラボレーション業者から受け取り、さらにその一部を一般ユーザーに還元することで、顧客の新規獲得に努めました。

つまり、一般ユーザーは、直接光コラボレーション業者と契約するよりも「光コラボレーション業者を紹介する中間業者」の方が多額のキャッシュバックを受け取ってお得に契約できるのです。

FX業者との契約は中間業者を通してもお得にならない

光コラボレーション業者と直接契約するよりも、NTTフレッツ光の販促資金の一部をキャッシュバックとして受け取れる「光コラボレーション業者を紹介する中間業者」と契約する方がお得です。

しかし、「中間業者を通す方がお得」ということが、どこにでも当てはまるわけではありません

海外FXの場合は、海外FX自体で実施しているキャンペーンの方が、海外FXの中間業者が実施しているキャンペーンよりも豪華なことが一般的です。

では、なぜわざわざ損をするのに中間業者を通して海外FXの口座を開設する人がいるのでしょうか?

理由としては、「安心料」くらいしか考えられませんよね?

いきなり海外FXの口座を開設するのは怖いけれども、信用できる中間業者が間に入ってくれるなら、なんとなく安心して口座開設ができそう・・・そんなところでしょうか。

海外FXふぁんくらぶとは

「海外FXふぁんくらぶ」とは、海外FXの中間業者である坂井田有限公司が運営するサイトの名前です。

有名どころの海外FX業者はほとんどそろえていますので、海外FXふぁんくらぶを経由してほとんどの海外FX業者の口座を開設することができます。

サイトではリベート型のキャッシュバックプログラムを謳っており、海外FXふぁんくらぶを通して海外FX口座を開設すると、取引をするたびにキャッシュバックを受けられると記載されています。

海外FX業者ではさまざまなサービスを実施していますが、「取引の度にキャッシュバックを受けられる」といったサービスをしている業者はありませんので、本当に取引の度にキャッシュバックをもらえるならお得ですよね。

IBとはFX口座などの中間業者のこと

ところで、「海外FXふぁんくらぶ」などの業者は「IB業者」とも呼ばれています。

IBとはIntroducing Brokerの頭文字で、業者自身が何かを販売・提供しているのではなく、他の業者の商品やサービスを紹介することで中間マージンを得ている業者のことです。

簡単に言えば、中間業者ですね。先ほどの例においては、小売店に相当します。

小売店自体が商品を生産しているわけではありませんが、一旦、商品を買い取ってから消費者に販売することで、消費者が手軽に商品を購入できるようにするのです。

海外FXのIB業者も、業者自体がFX口座を提供しているわけではありません

FX口座を開設している本物のFX業者を消費者に紹介することで、中間マージンとなる利益を得ているのです。

口座開設に中間業者を通す必要はない

しかし、ちょっと考えてみてください。

どのFX口座もインターネットで開設できますので、一般ユーザーは口座開設に海外の店舗まで行く必要はありませんよね。

しかも、どの口座も1つから自由に開設できますので、わざわざIB業者に頼んで開設してもらう必要もありませんよね。

IB業者に間に入ってもらわなくても、直接、海外FXと契約することは簡単です

中間マージンが発生しない分、IB業者を通して契約するよりも、普通に海外FX口座を開設する方がお得と言えるのではないでしょうか。

キャッシュバックのからくり

FXではポジションを買うときと売るときでは、適用されるレートが違います。

このレートの差を「スプレッド」と言い、ユーザーが業者に支払う手数料に相当します。

スプレッドが小さいほどユーザーはお得にポジションを購入・売却できますので、その分、FX業者の利益(手数料)が減ることになるのです。

海外FXふぁんくらぶのように「取引の度にキャッシュバックを受けられる」と謳っている業者では、通常以上にスプレッドを広く設定していることが多いです。

そしてスプレッドから得られる利益の一部を一般ユーザーに「キャッシュバック」として還元し、あたかもユーザーが得をしたかのように見せかけます

海外FXふぁんくらぶは危険業者?お得に契約するためにIBは必要?http://lssacademy.com/wp-content/uploads/2019/02/IB-300x240.png 300w" sizes="(max-width: 600px) 100vw, 600px">例えば本来の手数料が9,000円であるところを、IB業者を挟むことで手数料が15,000円に跳ね上がったとします。

実際には手数料としてではなくスプレッドとして差し引かれますので、ユーザーは自分自身が損をしただけでなく、手数料を支払ったことすら気付かないで取引を続けます

そして入金されるキャッシュバックだけを見て、「5,000円も得をした!」と考えてしまいますが、上の図からも分かりますように、実際は6,000円もの損をしているのです

もちろん、差額の1,000円はIB業者が利益として受け取っています

目先の「キャッシュバック」に惑わされるのではなく、実際に支払う手数料(スプレッド)はいくらなのかを考慮して、IB業者を挟むべきなのか判断してください

image

関東財務局からは注意が呼びかけられている

スプレッドはトレードのタイミングによっても変動しますので、海外FXふぁんくらぶが法外な利益を得ているかどうかは分かりません。

しかし、海外FXふぁんくらぶが金融庁の正式な許可を受けずに営業している違法業者であることは確かです。

実際に関東財務局では、無許可で営業活動を行い、しかも代表者の名前も不明である海外FXふぁんくらぶについて、消費者に注意を喚起しています。

違法な業者を利用したときには、消費者がたとえ損失を被ったとしても法律は守ってくれません

それどころか、違法な組織と関わっている要注意人物とみなされてしまいますので、あなた自身が犯罪に巻き込まれないためにも、絶対に違法業者とは関わらないようにしてください。

参考:関東財務局「無登録で金融商品取引業等を行う海外所在業者について」

良い評判がないわけではないが利用する必要もない

インターネットで海外FXふぁんくらぶの評判を探ると、「利益が増えた」とか「お得だ」といった良い評判もいくつか出てきます。

しかし、繰り返しになりますが、違法業者を利用したユーザーも違法行為に加担したわけですから、なにかトラブルが起こったとしても法律で守ってもらうことは不可能です。

海外FXふぁんくらぶで紹介している海外FX業者は、いずれも海外FXふぁんくらぶなどのIB業者を通さなくても直接契約することができます

わざわざ危険な業者に関わるのではなく、直接、海外FX業者と契約するようにしましょう。

海外FX口座は直接海外業者で開設しよう

海外FX業者の口座は、いずれもインターネットで簡単に開設できます。

本人確認作業もオンラインでできますので、早ければ数分程度の手間で口座開設の作業が完了します。

IB業者を通したとしても、結局は自力で海外FXの口座を開設しなくてはならないのですから、余計な手間をはぶくためにも、最初からご自身で海外FXの口座を開設するようにしてください。

海外FX業者の中にも日本語対応の業者は多い

海外FXの口座を開設すると言っても、大抵の有名どころの業者は日本語に対応していますので、特別に難しいわけではありません。

日本のFX業者で口座開設するのと同じ手順でできますので、国内業者で口座開設をしたことがある人ならなおさら簡単に感じるでしょう。

対応が気になるときは口座開設前にメールを送信しよう

また、ほとんどの日本語サイトのある海外FX業者では、日本語で質問を受け付けてくれるカスタマーセンターを開設しています。

口座開設後にトラブルが起こった時にはカスタマーセンターにお世話になるわけですから、どんな対応をしてくれるのか知るためにも、口座開設前に一度メールを送ってオペレーターの対応をチェックしておくと安心できますね。

信用できる業者で直接口座を開設しよう

無用なトラブルに巻き込まれないためにも、違法業者を通してFXトレードをしてはいけません。

また、キャッシュバックに惑わされて実際は損をしてしまうことがないためにも、IB業者を通さないで契約する方が良いでしょう。

カスタマーセンターの対応をチェックして信頼できる業者かどうかを判断し、ご自身で直接FX口座を開設してくださいね。

image

Copyright © 2019 【最短】XMでFX口座開設!海外fx資産運用のススメ【CFD・FX】 All Rights Reserved.




Original: http://lssacademy.com/archives/719
By: izuzoo
Posted: February 14, 2019, 11:11 am

comments powered by Disqus

Steven Bonacorsi

Steven Bonacorsi is the Founder of the Lean Six Sigma Group, President of ISLSS, and Lean Six Sigma Master Black Belt

Steven Bonacorsi, President at the International Standard for Lean Six Sigma (ISLSS)
- Master Black Belt in Lean Six Sigma Methodology.
- Expert in Kaizen event for rapid project execution.
- Certified PMP (Project Management Professional)
- Masters in Business Administration (MBA)
- Masters in Computer Information Systems (MS-CIS)
- Numerous IT certifications.
- Over 20 years of Professional Business Consulting experience at the C-Level.
Executive Master Black Belt leading $ billion business transformation projects globally in multiple Industries. I am a leader who delivers results.